忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今あるものを


「殺生丸って、すきなひと、いた?」


己の膝についたひじを、思わずずり落としそうになった。
何を言い出す、この娘は。


「かごめさまがね、男の人は、一度好きになった人を絶対に忘れられないんだって。
だから殺生丸さまもかなって」


また人里で妙なことを吹き込まれたらしい。

「人間の下らぬ論を持ち出すな」

煩わしくて一蹴するが、まだ納得しないらしい。


「でも殺生丸さま。
弥勒さまがね、男の人は、最期の最期の瞬間に、一番大切な人を思い出すんだって。
そのとき思い出した人が笑っていたなら、男の人は幸せに死ねるんだ、って」


殺生丸はりんの形のよい瞳を覗いた。
吸い込まれてしまいそうな漆黒の瞳は、殺生丸の言葉を待って蘭と光っている。
形のよい唇が、次の言葉を紡ごうと新たな形を作っている。


「りんもね、あ、りんは女の子だけど。
りんもね、最期は殺生丸さまを思い出したいなあ。
殺生丸さまが目を閉じていても見えるくらい、覚えていたい・・・」

後ろのほうは吐息と入り混じるように吐き出した。

 

幼い少女はこのとき何をどこまで考えていたのだろう。
今となっては、殺生丸も、りん自身もよくわからない。

少女から娘へと開花したそれは、今はただ銀と金の月を穴が開くといってもよいほどみつめていた。

一点だけ灯った灯りの中、静まり返った閨に敷かれた布の上に横たわったまま、上から降り注ぐ銀の髪を指でもてあそび、それでもなお自分を覗き込む月を必死でみつめる。


「何を見る」

りんは口角を上げた。
その笑みがあまりに艶やかで、大妖はその香りに眩暈に似た感覚を味わう。

「殺生丸さまを目に焼き付けておくの」

「・・・馬鹿なことを」


そんなことをせずとも。


銀の妖怪は少女の胸に己の髪を横たえながら、その首筋に唇を近づけた。

少女はくすぐったそうに身をよじる。


この身体に私を覚えさせればよいだけのこと。


己が口付けた場所は赤く変色し、りんの首筋に小さく花を咲かせた。
自分が満足げな顔をしていることに気づき、慌てて少し顔をしかめた。

りんは頬を緩める。

「殺生丸さま、百面相」

「・・・お前に言われたくはない」

殺生丸の言葉にりんは頬を膨らます。
しかしどこか嬉しげに。

 

 


厭んだ者は数知れず、蔑んだ者も後を絶たず。
ただ今あるこの花だけを、真になくしたくないと願う。
やがて散りゆくとしりながら、それを手のひらで転がし続ける。
我が絶対零度の体温で枯れさすとしりつつも、それを手放すことは出来ない。

この世の果てに、何を思う。

お前は私を思うと言う。
おそらく私を、そして私の、お前の行く末を思うのだろう。

一寸先など興味もない。
今あるものだけを切に願う。
ただ壊れゆく思いの先が恐ろしいのだと自覚しながら。

 

拍手[2回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

性別:
女性
趣味:
殺りんについて考察を深める
自己紹介:
殺生丸とりんちゃんに愛を捧げるただの人

最新記事

フリーエリア

よろしければぽちっとお願いします~ 執筆の源となります><

バーコード

最新CM

[02/19 NONAME]
[07/05 poko]
[05/17 いちご]
[05/17 さや]
[05/15 NONAME]

最新TB

ブログ内検索