忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

冴ゆ雪見


半年程前この屋敷を初めて訪れた際青く色づいていた桜の大木は、身を裂くように吹きすさぶ寒風のせいで茶色い枝を剥き出しに立ち尽くしていた。


今日は一段と冷える。
りんは肩に羽織った布をかけ直した。
きんと澄んだ空気が切るようにりんの肌を刺すけれど、それさえ心地いいほど清々しい天気だった。














昼間はいつもとなんらかわらぬ時間を過ごした。
邪見に小言を言われながら屋敷の雑事をこなし、推古たちの指導のもと少し勉学もした。

しかし非日常なことが起こったのは、正午を少し過ぎてから。
昼餉を片していたりんの部屋に突然殺生丸が現れた。
りんから訪ねることはあっても、殺生丸が訪れることなど稀にも程がある。
目を丸めるりんに、殺生丸は言葉を探すようにゆっくりと口を開いた。




「…雪見に行かぬか」

思いがけない言葉に、りんはさらに目を丸くした。



「…雪?」



傍の障子を開けると、いつから降りだしたのだろうか、すでに地は薄白く染まり始めている。

「あ、降ってる…でも殺生丸さま、どうして…」

「行くのか、行かぬのか」


返事を急く殺生丸に、りんは断る理由などない。


「行くっ!!」

「厚手の羽織りは用意させる。支度しろ」

淡泊に言い残して部屋を去った殺生丸の後ろ姿を見送って、りんはおかしさが込み上げて来た。
人間の風流事なんて好まないと言っていたのに。
きっと屋敷に閉じこもったきりのりんを気にかけて誘ってくれたのだろう。
もしかすると、りんの侍女たちに入れ知恵されたのかもしれない。
りんが昔のように外を楽しみがっていると。

どちらにしろ、この上なく嬉しかった。

折角だからと殺生丸が先日与えてくれた新しい着物に着替えた。
薄青の小花がちりばめられた落ち着いた色合いのそれは、艶を放つ黒髪によく合った。

支度を終えて庭に出るともうそこは白一色で、それでもまだはらはらと大粒の白は絶えなかった。
その中に溶け込むかのように佇む銀の妖のもとへと駆け寄ると、薄紫の羽織りを手渡された。

「あれ、阿吽は?それに邪見さまも」

「…阿吽を出す程でもない。邪見は…不要だ。行くぞ」


いつかのように柔らかな所作でりんを抱き上げ、りんが思わず目をつむって次に開いたときにはもう、妖は空高く風を切って飛んでいた。
横を見ると景色が白の斑模様のように過ぎていくのに、不思議と自身に雪の粒が当たらない。
白毛がいつのまにかりんを寒さから守っていた。


「殺生丸さま、どこまで行くの?森を出るの?」

「…森は出ぬ。少し先に雪蜜という妖怪が住んでいる。そこだ」

「妖怪に会いに行くの?」

「…行けばわかる」


ふうんと頷いたきり、りんは久しぶりの新鮮な空の空気を楽しんでいた。


眼下には小さな庵が迫っていた。



殺生丸はその藁葺きの一軒家の前に降り立ち、りんを降ろすや否や無遠慮にその戸を開けた。


「いるか」


殺生丸の呼びかけに突如雪が渦巻き、家の中を覗き込む二人の間を吹雪が通り抜けた。


「犬の…息子?」

幼子のようにか細い声が聞こえた。
目を凝らすと、屋内に吹き込んだ吹雪が徐々に人の形を作っていく。
りんは目を見張った。
そこには人里の子供のようにも見える少年が立っていた。





「ああ、やっぱりそうか。大将の息子だ」

少年が目で二人に入るよう促し、りんが中に入ると、後ろで戸が自然と閉まった。


「なんの用だい」

少年は囲炉裏端に腰を降ろした。

「見せてもらいたいものがある」

少年はふぅんとわかったように頷き、次はりんに視線を移した。


「これが話に聞く人の子かい。…なるほどね」

爪先から頭のてっぺんまで見回されて、りんは居心地悪いのかもぞもぞと身じろいだ。


「…うん、いいよ。約束だしね」

少年はぽんと膝を打って立ち上がった。

「さて、じゃあ準備準備」

途端に少年は雪と化し、再び戸の隙間を流れるように出て行ってしまった。

「殺生丸さま?何が…」

突如辺りが夜のように暗まり、庵の中にいたはずがいつのまにか二人は夜の雪原に立っていた。


「えっ…!?」

思わず殺生丸の袖口に掴まると、硬い指がりんの肩に触れた。

ふと空からはらはらと明るいものが落ちてくることに気付いた。


「雪…?」

手を伸ばしてそれを受けると確かにそれは冷たくて、紛れも無く雪だった。
雪は光の量を変えて輝きながら落ちてくる。
まるで金の粒が降るかのように。

「…すっ…すごいっ!ねぇ殺生丸さま!すごく綺麗!」

興奮して殺生丸の振袖を引っ張りながらも、目はその光景から離せない。

「気に入ったか」

「…うん、すごく…」


嘆息混じりに呟くと、上から皮肉な声がかかった。

「走り回らんでもよいのか」


りんはむぅと額に皺を寄せた。


「もう子供じゃないもんっ」



意地を張るようにそう答えると、すっと風が通るような音が聞こえて、りんは顔をあげた。
暗闇に光る雪が、妖の端正な顔に現れた微笑を照らしていた。




――久しぶり…ううん、初めてかもしれない。 殺生丸さまがこんな風に笑うのを見るの――


思わず長く見上げていると、それに気付いた殺生丸と視線がぶつかった。
しばしの沈黙のあと、なんとなくりんがへらりと笑うと殺生丸は逆に顔をしかめるような顔をした。

「殺生丸さまお顔変だよ」

「…うるさい」
再び沈黙が訪れて、りんは金の雪を眺め始めた。
上を見上げると満天の星空のようなのに、地には雪が降りそそぐ。

この世にはまだりんの知らないことがいくつあるんだろう。




ふと殺生丸が口を開いた。

「…今年で幾年になる」

突拍子な質問に少し戸惑った。

「え、りん?えーっと…あのときが七だから、ひぃふぅ…
今年の夏が過ぎたから…十六ぐらいかなあ?」

「そうか」

それきりまた殺生丸は黙ってしまう。

「どうして?」

りんの問いにも答えは返ってこない。
そんなことに慣れ切っているりんは動じはしないが、些か珍しい質問だった。






「…りん」

その声に顔を上げると、金の双眸が雪に混じって揺れていた。




「あと一年過ぎたら―――」




突如金の粒は降り止み夜は去り、本来いたはずの庵の風景へと戻っていた。


「戻っちゃった…」

りんの呟きとともに、雪蜜は風のように屋内に入ってきた。


「ふーっ。これ結構疲れるんだよね。
あ、人間。どうだった?」

人懐っこい笑顔を向ける少年に、りんもつられて笑いかけた。


「すごく綺麗だった!あれは妖怪の力なの?まるで蛍みたいで…」

「そうさ。おらは雪ん子だからな。雪に妖気を吹き込むなんで造作もないよ。
…しかし蛍みたい、ね。人間は皆そう言うんだな。
まぁおらがこれを見せた人間はあんたが二人めだけどさ」


雪蜜の言葉にりんは首を傾げた。

「じゃあ殺生丸さまがりんの他に誰か人を…」

「違う違う。こいつの親父殿さ。
おらはこう見えて齢は永いんだ。
そこそこ昔に、親父殿が訪ねてきてな。
元々付き合いがあったもんだからよかったんだが、人間を連れてきておったからこれまた驚いて…」

「…要らぬことを言うな」


殺生丸のあからさまな不機嫌さを垣間見ても、雪蜜は悪戯げに笑った。

「そのときに約束しちまったんだよ、親父殿と。
今後犬一族の誰かに…」




「殺生丸さまーっ!!」

雪蜜の話は、聞き覚えのあるしゃがれた声に遮られた。
雪蜜が風のように外に飛び出してその姿を確認し、外から殺生丸を呼んだ。


「ねぇ、これ、あんたのとこのだろ?」


殺生丸とりんが戸から顔を出して見えたのは、いつもの緑色にさらに深みが増したような顔色の邪見と、それを乗せた阿吽だった。



<つづく>

拍手[112回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

性別:
女性
趣味:
殺りんについて考察を深める
自己紹介:
殺生丸とりんちゃんに愛を捧げるただの人

最新記事

フリーエリア

よろしければぽちっとお願いします~ 執筆の源となります><

バーコード

最新CM

[02/19 NONAME]
[07/05 poko]
[05/17 いちご]
[05/17 さや]
[05/15 NONAME]

最新TB

ブログ内検索