忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

果て無き先を信じて



─────はいっ殺生丸さま!

─────・・・いらぬと言うておろう。

─────でもこんなにおいしそうだよ!真っ赤で・・・
あ、冬にはりんのほっぺもこんな色になってるのかなぁ?

─────・・・早く食え

─────はぁい・・・─────









つるりと光った果実を手にとって、りんは口角をあげた。

きっと殺生丸さまは覚えてなんかいない。
それでも、嬉しかった。
あの日二人で眺めたものが、今もここにあることが。


「りん」


背後から低い声がかかる。

少し、意地悪をしてみたい気になった。



「・・・殺生丸さま。懐かしいね、これ。覚えてる・・・?」


たわわに実った果実の木の前で、りんは肩越しに振り返った。

予想通り殺生丸は、眉間に皺を寄せて黙っている。
記憶を辿っているのか、りんの言葉の意味すら分からないのか。

どちらでもよかった。


覚えているはずが無い。
人が過ごす一分を、このひとは一年と数えるようなものなのだから。
りんがどれほど暖めた思い出であろうと、万年のときを生きる妖の時間軸では霞んでしまう。




「・・・殺生丸さまがりんに初めてこれをくれたんだよ」


ぼんやりとだが、妖の記憶にも霞がかった映像が浮かんだ。
己の手から渡される赤の実。


「・・・放っておいたらお前が倒れたからだ」


そっぽを向いて答えた殺生丸に隠れて、りんはひっそりと笑った。

本当は、どうでもいいこと。
殺生丸さまがくれたすべてを、りんが勝手に覚えているだけなのだから。














久しぶりに見た、幼い頃を思わせる悪戯めいた顔つき。
覚えているかと尋ねてきた。

赤い実一つにこんなにも記憶を詰め込める人間と言うものを、どこまで解せばいいのか分からずに黙っていた。

なんとかひっぱりだした記憶を口にすると、りんは少しうつむいて隠れるように笑った。


こうして過ごす今もすでに過去なのだと、このか弱き命と共にすることで嫌と言うほど身に染みた。
だから、あまりに頼りない記憶にすがるより今がすべてなのだと。
私は誰よりも知っている。


守りたいと願えば願うほど、それはこの手をすり抜ける。
それがわからないから、傍にいると決めた。














本当を言うと少し、淋しかった。
同じときを生きられないことが。
思ったより、苦しかった。
その現実に気づいたとき。






二人の間に永遠は存在しないけど。
存在しないから。

だからこそ、今がひどく愛しい。











突発作シンドローム発病・・・!
しゅわわわわわっφ(`д´)
とね。←


実は、私の中の殺りんソングを発見してしまいました・・・!!
いや、すでにそれを知っている人から情報を拝借したのですが。
某動画サイトで、殺りん映像とその曲によるコンビネーションを何気なく見て、
もんのすごい衝動を受けました。

・・・これこそ、まさに私の中の殺りん・・・!!!


その曲はZARDの「永遠」
名曲なんで周知でしょうが。
私も聞いたことありましたが、殺りんとの組み合わせは考えたことありませんでした。


その動画を聞いた途端、
書きたい書きたい書きたい掻きたい掻きたい・・・!←と。


いやでもさすがにあまりにその場で書いたものなので、のちのち手直しするつもりですが。

歌詞からヒントを得るというのが案外難しくて驚きました。
精進精進><

拍手[13回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

性別:
女性
趣味:
殺りんについて考察を深める
自己紹介:
殺生丸とりんちゃんに愛を捧げるただの人

最新記事

フリーエリア

よろしければぽちっとお願いします~ 執筆の源となります><

バーコード

最新CM

[02/19 NONAME]
[07/05 poko]
[05/17 いちご]
[05/17 さや]
[05/15 NONAME]

最新TB

ブログ内検索