忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この思いを伝えられたなら


女は向かい合った。
一人の人間に。
それも、もう息の薄い者。


いつもと変わらない端正な顔には、哀れみも悲しみも表れない。
ただ、消えゆくものを惜しむ心が滲んでいた。



「・・・調子はどうだ」

分かりきったことを、と思う。だが他にかける言葉もなかった。


横たわる人間はゆっくりと上体を起こそうとしたが、それを白い手が押しとどめた。

ごめんなさい、と北風のような声が通り過ぎる。




「・・・りん」

呼びかけると、幼い頃から変わらない黒い目を確かに女と合わせた。


「・・・お前はもう死ぬ」

顔色もそのままに、女は述べた。

りんはゆっくりと瞬いたが、そこには焦りも驚きも無かった。


「わかっています」

その答えに、女はしかとうなずいた。

「殺生丸を残して、だ」

酷な事だが、と言う女に、りんは心の底から感謝を述べた。



─────このお方がいたから、りんは・・・───



「覚悟の上のことです」



そうか、と女はうつむいた。


しばらく沈黙が流れる。
すると、おもむろに女は懐から包みを取り出した。
それを広げると、赤い丸薬が数粒転がった。

不思議そうにそれを見つめるりんに、女はその粒をひとつ手に取った。


「これは、我が一族の妖血。我らの血はすべてここに繋がっている。
・・・もしも、そなたが殺生丸と同じ時を生き続けたいのなら・・・これを服せば、そなたも半永久の命を手に入れることができる」


りんはゆっくりと、丸薬から女に視線を移した。

やはりその顔から感情を読み取るのは難しかった。
だが、確かなものがその瞳にはあった。


「・・・妖怪になる、ということですか」

「まぁ、そういうことだ」




りんは少しの間目を閉じて、それからゆっくりと首を横に振った。


「りんには必要ありません」




女はすでにその答えを知っていたかのように頷いたが、付け足したように、何故と尋ねた。


「・・・りんと殺生丸さまとの事は、すべてりんが人で殺生丸さまが妖怪であったからこそ。
りんは人として限りある生を全うします」





そうか、と目を伏せた女は静かに丸薬を懐に戻した。
それから顔を上げ、薄い手のひらをりんの頬に寄せた。


「・・・幸せ者だな」


そう呟くと、女は腰を上げ、りんに背を向けた。







「・・・殺生丸さまは」


呼び止めるようなりんの声に、女は半身振り返った。



「殺生丸さまは・・・それをお望みでしょうか」




揺れる黒の瞳を覗き込み、女はそっと笑った。





「あやつの願いはいつもそなたと共にある。案ずることは無い」


そのまま障子に手をかけ、女は静かに部屋を後にした。
りんは最後までその背を見つめていた。






部屋の前には、まだ若いがしっかりとした大木がそそり立つ。
寒風がその葉を散らし、刻々と若木は裸になってゆく。


女は日が傾き、月が露になり始めるまでその大木を見上げていた。


拍手[15回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

性別:
女性
趣味:
殺りんについて考察を深める
自己紹介:
殺生丸とりんちゃんに愛を捧げるただの人

最新記事

フリーエリア

よろしければぽちっとお願いします~ 執筆の源となります><

バーコード

最新CM

[02/19 NONAME]
[07/05 poko]
[05/17 いちご]
[05/17 さや]
[05/15 NONAME]

最新TB

ブログ内検索