忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無色透明な世界を歩む


 

白と赤と黒が風に舞う。
たなびくその袖を包むようにゆったりと彷徨う、幾すじもの蒼い妖怪。

 

まだものの美醜もわからぬ年端の少女が見ても、その姿はとても美しかった。

 

 

 

 

 

 

 

女は一人の少女の前に、ためらうことなく膝を着く。
りんはただその真っ直ぐな黒の瞳に映る自分を見つめた。


「・・・怖くは、ないか?」


女は、りんの土で汚れた頬を拭った。
りんの肩は小さく跳ねる。


────あまりに冷たい。

 


りんの素直な反応に、女は思い出したかのように苦笑した。

「──ごめんね」


りんは急いで首を振った。
何を違うのか分からないけれど。

 


「・・・あのっ・・・巫女様は、どうして・・・」


「・・・お前は人でないものと共にいるのだろう──?」


女の真っ直ぐな視線がりんをつかまえた。
すぐに脳裏に浮かんだ、銀の妖を言っているのだとわかった。
この後に続く言葉は、いつだって決まっている。

 

 


妖怪となど生きるべきではない。
戻れ、人の世に。

 

 

 


しかし女は不安げにうなずくりんの頭を掠めるように撫でるだけで、聞きなれた言葉は口にしなかった。


「・・・お前が選んだならそれでよい」

 

女が立ち上がると共に、広い袖がりんの頬に触れた。
そして思い出した。
この赤は─────

 

 

「・・・巫女様、もしかして犬夜叉さまの村の・・・」


女は少し止まり、すぐに微笑んだ。


あまりに脆い笑顔だった。

 

 

 


「妖と人は相容れぬけれど───痛みを分かつことはできる。
だが、生者と死人が想い交わることはできない─────」

 

 

強く生きろ、と言い残して、女は再び深い森の奥へと溶けていった。

 

 

 

 

 

どういう意味だろう。
「妖」と「人」の意味は分かるけれど、「痛みを分かつ」とはなんだろう。
「生者」と「死人」の意味は分かるけれど、「想い交わる」とは。


かごめさまに似ている人だったなぁとぼんやり考えていると、すぐに殺生丸さまと邪見さまが帰ってきた。

 

 

 

 

 

殺生丸は地に着き、まずその匂いに顔をしかめた。
りんに少し、墓土の匂いが移っている。
原因など、考えなくともわかる。

 

「・・・り、」


己を見上げて首を傾げるりんを見て、やめた。
土の塊である死人がりんに与えるものなど、高が知れている。

殺生丸はそのままきびすを返し、歩を進めた。
殺生丸の続く言葉を対して気にも留めず、りんと邪見もその後についた。

 

それから再びその女の存在を意識したのは、すでに女がこの世を去るときだった。

 

 

 

 

 

 

 


桔梗は先ほど触れたあどけない頬のぬくもりをいつまでも指先に感じていた。


皮肉なものだ。
この手に温度など無いのに。
他人の温度はいとも容易く己に残る。

 

 

「・・・余計なことを」

 

強く生きろなど、今をひたすら生きる幼子に諭すなど馬鹿げている。

 


死んだ魚の腹のように白い指を口先に強く押し当てた。
堅い歯は簡単にその指に傷をつけた。


血は、滲まない。

 


五〇年前、愛しき者と己をあれほど真っ赤に染めたものが、今は恋しくてたまらなかった。

 

 

 

「・・・犬夜叉・・・」

 

 


目を閉じると、残像のように映像が流れていく。
それは瞼の裏に刻まれたように消えてはくれない。

 

森の木々がざわめく。
緑に鮮血が走る。
頭の頂点からつま先まで、黒で満たされてゆく───憎しみだ。
弓がしなった。

 

 

 

 

目じりを押さえると、あっけなく記憶は散った。


もう過ぎたこと。

 

桔梗は前を見据え、地を踏みしめる。

 


─────強くなければ。
せめて、自分自身のためにも。


 






殺りん+桔梗に見せかけて、殺りんより桔梗お姉さまが書きたかったというだけの代物←

いいですね、お題は。

進めやすい・・・

拍手[11回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

性別:
女性
趣味:
殺りんについて考察を深める
自己紹介:
殺生丸とりんちゃんに愛を捧げるただの人

最新記事

フリーエリア

よろしければぽちっとお願いします~ 執筆の源となります><

バーコード

最新CM

[02/19 NONAME]
[07/05 poko]
[05/17 いちご]
[05/17 さや]
[05/15 NONAME]

最新TB

ブログ内検索