忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現実を見たくないから目をそらした


滞ったような黒々とした夜空を、無駄に爽やかな風が幾度も拭い去って行った。
銀の髪をはためかせ、男は戸をくぐった。
微笑んでそれを迎えるのは、袈裟姿の法師。
無言で座りこんだ男を、法師は黙って歓迎した。


初め、笑っているのかと思った。
前髪をぐしゃりとかき乱し、くつくつと声を漏らす。
赤衣に水滴が落ちてやっと泣いているのだと気付いた。


「…犬夜叉、」

片膝に顔を埋めるように嗚咽を漏らしては泣きじゃくる男に法師は困惑しながらも、ただその姿を見つめていた。
今夜は、いや今夜も星が多い。
このような夜更けといえど、外は嫌に明るかった。



「・・・もう、見ていられねぇんだ、あいつを…」

そう呟いては涙を呑み込み、ぽつりぽつりと話し出した。
今の二人、かごめの様子、これからの行く末。


くぐもった声を引き絞るように、それと一緒に痛みも溶け出せばいいのにと、犬夜叉は言葉を紡いだ。
目を閉じて黙って聞いていた法師は突如荒々しく男の赤の衣を掴んで引き上げた。


「お前は!!そんなもの覚悟の上でかごめさまと共に生きると決めたのだろう!
今になって嘆いてどうする!!」


しかし犬夜叉はその乾いた手を振り払った。
老いた僧の力など、数十年前から姿の変わらない妖に比べれば塵に等しかった。

「んなことわかってる!!…だけど・・・!・・・あいつが、かごめばかりが先に・・・
・・・俺のことなんてどうだったいいんだよ・・・でも、あいつは・・・自分が逝っちまった後の俺のことばかり心配するんだ・・・」

っとに馬鹿みてぇによ、と最後の言葉は消え入ってしまった。


弥勒は一息ついて衣を離し、思わず浮かべてしまった腰を沈めた。


「・・・犬夜叉。確かに私にお前たち二人の気持ちはわからない。
だが、お前が言う別れは誰もが等しく迎えることだ。
・・・私と珊瑚にも訪れるように。
だからこそ、それまでの時をいかに生きるかが重要なのだと私は思う。
・・・かごめさまはそれをわかっておられる。・・・しっかりしろ、犬夜叉」


犬夜叉は俯いたまま黙っていたが、のち妙に素直に頷いた。

「・・・悪かった。邪魔したな」

腰を上げて法師に背を向けると、後ろから声が追いかけた。

「早く行きなさい。そのような顔をしていてはかごめさまが心配します」

犬夜叉は片手を上げてそれを受け止めると、かごめの待つ小屋へと歩き出した。












白く澄んだ粥を皿によそうと、かぐわしい匂いが胸をいっぱいにした。
外には平べったい月が煌々と辺りを照らし、こんな夜でも髪の一筋一筋がはっきりと分かるほどだ。
珊瑚は器を布団の脇に置いた。
ごめんね、と呟きながら女はゆっくりと上体を起こし、器を手に取った。
珊瑚は気にしないでと笑みを見せたが、二人の表情は思い影が漂っている。

「犬夜叉・・・遅いね」

間を持とうとそう言ったが、かごめは小さく頷くだけで黙って少し粥を口にした。
薄茶の米がつやつやと光り、滴るように瑞々しく、視界を暖かく湿らせた。


「・・・犬夜叉がね。・・・優しくって・・・」

ぽつりと漏らした声は震えていて、霞んで散ってしまいそうな声だった。

「・・・手を・・・ね、握ってくれるんだけど・・・私の手は、こんなにも・・・」

小刻みに震える左手に視線を落とした。
擦ればかさりと落ち葉のような音がして、指の先まで皺が覆った、真っ白な手。

心は、想いは、こんなにも変わらないのに。


己の手を見つめたまま静かに涙を浮かべるかごめの肩を、珊瑚はやわらかく抱いた。



この人の、二人の気持ちを思い遣ることなどいくらだってできる。
だがそれは想像の範疇でしかない。
共に時を歩み、疲れたならば共に休み、世を去るときは手を繋いでゆく。
この二人にはそれすら叶わないのだ。



「・・・じゃあ」

珊瑚はかごめの耳元で幼子をあやすよう、そっと囁いた。


「・・・じゃあ、出会わなければよかった・・・?」


瞳の上に膜を張って保っていた均衡がぐらりと崩れ、かごめは涙をこぼした。
静かに首を振った。


「・・・先にいってしまうなら・・・せめて・・・」


かごめの一言一言に頷いて、珊瑚は優しくその背をさすった。


珊瑚はつられて自分の声まで震えてしまわないよう、気を張った。
「ほら、冷めちゃうよ。食べて食べて」


すすめられるがままにかごめは、涙と入り混じった粥を口に運んだ。




───先にいってしまうなら、せめて、少しでも傍で笑っていたい───





砂の擦れる音がして、かごめは顔をあげた。
戸の簾が捲れた。


「おかえりなさい、犬夜叉」













今夜は、いや今夜も星が多い。
犬夜叉は黒々とした空を見上げ、幾多も光る星々の明るさに目を細めた。


俺はあの時、どんな顔をしていたんだろう。
みっともない面を晒しはしなかっただろうか。
ただ、今みたいに眩しかった気がする。
俺は眩しくて、こうやって目を細めたんだ。


犬夜叉は一人空に笑いかけた。
自分が笑えば、同じ笑い声が返ってくる気がした。


───ああそうか。
お前はいつになっても、そうやって笑ってくれるんだな─────

拍手[10回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

性別:
女性
趣味:
殺りんについて考察を深める
自己紹介:
殺生丸とりんちゃんに愛を捧げるただの人

最新記事

フリーエリア

よろしければぽちっとお願いします~ 執筆の源となります><

バーコード

最新CM

[02/19 NONAME]
[07/05 poko]
[05/17 いちご]
[05/17 さや]
[05/15 NONAME]

最新TB

ブログ内検索